トップ

ついにiPadがコンパクトサイズになった!待望の「iPad mini」を購入したので早速開封してみた【レビュー】

エスマックス - livedoor ニュース2012年11月02日 18時55分

ついにiPadがコンパクトサイズになった!待望の「iPad mini」を購入したので早速開封してみた【レビュー】

コンパクトなiPad miniを早速ゲット!
11月2日にAppleから7.9インチタブレット「iPad mini」Wi-Fiモデルが発売されました。これまでのiPadは9.7インチのみの展開となっており、持ち歩くのには若干大きいと感じていた人も多かったのではないでしょうか。

そんなニーズに答えて登場したのがiPad miniであり、小さめのバッグにも収納しやすく重量も308g(Wi-Fiモデル)と軽量になっているのが魅力です。

筆者も発売日に「iPad mini Wi-Fiモデル16GB ホワイト&シルバー」を購入しましたので開封レポートをお届けします。

■まずは箱の中身をチェック!
それでは早速開封の儀をとり行います。まずは美しい箱を堪能しましょう。

IMG_0300
外箱は白ベースのシンプルデザイン!


IMG_0296
上下の縁にはシルバーのリンゴマークが輝いています


IMG_0297
左右の縁には「iPad mini」のロゴが記載されています



逸る気持ちを抑えられないので、早速開封します。

IMG_0301
箱を開けるとピッタリサイズのiPad mini本体が


IMG_0302
iPad miniの下に電源アダプターと書類が収納されています


IMG_0304
書類の下にはLightningケーブルが収納されています


IMG_0305
この几帳面なケーブルの収納の仕方がAppleらしくて素敵です


IMG_0306
書類は4枚収納されています

書類は、iPad mini本体を説明したカラー刷りの用紙、iPad情報、PCリサイクルについて、Apple製品ではお馴染みのリンゴシールの4つが封入されていました。


■本体の外観をチェック!!

IMG_8720
正面。狭額縁となっており、ディスプレイが本体の大半を占めています


IMG_8692
右側面。マナーボタンと音量ボタンが配置されています


IMG_8699
左側面には何も配置されていません


IMG_8696
本体上部。電源ボタンと3.5mmイヤフォンジャックが配置されています


IMG_8701
本体下部。Lightning端子とスピーカーが配置されています


IMG_8704
裏面はシルバーのアルミとなっています



■他の端末と大きさを比較してみた

やはりiPad miniで気になるのが大きさ。というわけで、身近なデバイスと大きさを比較してみました。

まずは、初代iPadと並べてみました。

IMG_8714
同一内容を同期しているので、そのまま縮小された印象です


IMG_8688
厚みの違いは歴然!!iPad miniはかなり薄いです


次に「MEDIAS TAB UL N-08D」(以下N-08D)と並べてみました。

IMG_8707
iPad mini(左)のほうが20.7mm幅広となっています


横幅を比較すると7.9インチディスプレイのiPad mini(左)は134.7mm、7インチディスプレイのN-08Dが114mmと、20.7mmの差があります。

IMG_0310
重ねてみると結構違う!


IMG_8708
iPad mini(手前)のほうが若干薄くなっています


N-08Dの厚みが約7.9mm(最厚部9.9mm)、iPad miniが7.2mmとなっており、持つと薄さを実感します。一般的に7インチと呼ばれているタブレットと比較すると、iPad miniは7.9インチと8インチに近いサイズとなっているため、持つと横幅はやや広めに感じます。

片手で操作というよりは両手で持つか、置いて操作するほうが向いていると思います。

開封してみた印象では、7インチタブレットとしては若干大きめですが、iPadと同等の機能を半分以下の重量で使えることに魅力がある端末だと思います。

Retinaディスプレイ非搭載と低解像度(1024×768ピクセル)を懸念する声もありますが、実際使ってみるとRetinaディスプレイと比較しない限りそこまで気になりませんでした。

記事執筆:ちえ

http://news.livedoor.com/article/detail/7105722/
※表示 - 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

最近の記事

アーカイブ