トップ

ソフトバンク、コンビニ支払いなどの払込処理手数料や機種変更手数料といった事務手数料を新設

エスマックス - livedoor ニュース2012年11月30日 08時55分

ソフトバンク、コンビニ支払いなどの払込処理手数料や機種変更手数料といった事務手数料を新設

ソフトバンクモバイルは29日、各種事務手数料を新しく追加することをお知らせしています。

今回追加される事務手数料は2つ。1つはコンビニエンスストアや各種金融機関、ソフトバンクショップ窓口でお支払いの場合における払込処理手数料をこれまで無料だったものを2013年2月までの利用料から210円かかるようになります。

もう1つは、SoftBank 3Gにおける機種変更の事務手数料(機種変更手数料)をこれまで無料でしたが、2013年2月1日(金)から2,100円かかるようになります。

■払込処理手数料
2013年3月請求分(2013年2月ご利用分)よりコンビニエンスストアや各種金融機関、ソフトバンクショップ窓口で支払いの場合に払込処理手数料を負担することになります。
クレジットカード払い、口座振替によってお支払いの場合無料
コンビニエンスストアや各種金融機関、ソフトバンクショップ窓口でお支払いの場合※1210円(税込)※2
※1 カード決済・口座振替の確認が取れない際に発行される請求書でのお支払いの場合も含みます。
※2 請求書発行手数料105円(税込)が別途必要となります。なお、新規契約後、口座振替手続き中のユーザーおよびハートフレンド割引を含む請求先など、一部手数料が無料になる場合があるということです。


■機種変更手数料
2013年2月1日より「SoftBank 3G」から「SoftBank 3G」への機種変更の事務手数料を2,100円に定めます。これらの対象機種としては、SoftBank 3Gスマートフォン、みまもりケータイ、フォトビジョン、3Gデータカードなどとのこと。


先日、NTTドコモがXiにおける機種変更手数料を新設するなどの発表を行いましたが、ソフトバンクモバイルがこれを追随する形になってしまいました。業界で横並びになることが多いので、今後のKDDIの動きにも注目したいところです。

携帯電話・PHS各社はスマートフォンの普及などにともなって機種変更時の説明などが増えたことからサポート料金の値上げが続いていますが、ウィルコムが電話問い合わせを有料にするなど、新しい形も出てきており、各社どういったサポート体制を構築していくのかは重要なところとなっていくかと思われます。

記事執筆:memn0ck

http://news.livedoor.com/article/detail/7188858/
※表示 - 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

最近の記事

アーカイブ