トップ

NTTドコモ、宮城県仙台市の仙台駅でLTEサービス「Xi(クロッシィ)」の受信時最大100Mbps通信を大幅前倒しで12月14日から提供開始

エスマックス - livedoor ニュース2012年12月04日 07時55分

NTTドコモ、宮城県仙台市の仙台駅でLTEサービス「Xi(クロッシィ)」の受信時最大100Mbps通信を大幅前倒しで12月14日から提供開始

NTTドコモは11月16日、高速データ通信規格LTEによるdocomo LTEサービス「Xi(クロッシィ)」における受信時最大100Mbpsの高速通信サービスを提供開始したと発表しました。現在、新潟県新潟市、愛媛県松山市など主に地方都市で、1.5GHz帯の周波数を用いた受信時最大100Mbpsの超高速通信が提供されています。

この日の発表で、仙台市、札幌市、広島市は来春提供開始予定となっていたのですが、12月1日突如として仙台駅に「仙台駅は12/14より国内最速 受信時最大100Mbpsエリアへ!」というNTTドコモによる大型広告が掲示されました。

プレスリリースなどアナウンス一切無しで大型広告による告知となりましたが、仙台市では大幅に前倒しで100Mbps通信がスタートすることになりました。

現在、NTTドコモや、NTTドコモ東北支社から特別なリリース、アナウンスはありませんが、これだけ大きな広告看板で告知されていますので、12/14から仙台駅が受信時最大100Mbps通信エリアとなるのはほぼ間違いないと思われます。

今まで地方都市が多かった受信時最大100Mbps通信エリアでしたが、東北最大都市のターミナル駅である仙台駅での受信時最大100Mbps通信対応は大きなインパクトがあります。

受信時最大100Mbps通信に対応しているのは2012年冬モデルのスマートフォン・タブレットから。既に2012年冬モデルを購入した人は、この高速化の恩恵を受けられることになります。

筆者も先日「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」を購入したばかりなので、12/14以降ぜひ仙台駅での通信速度を測ってみたいと思います。今後他の都市でも前倒しでの受信時最大100Mbps通信対応があるかどうかも注目です。

記事執筆:こば(小林健志)

http://news.livedoor.com/article/detail/7199694/
※表示 - 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

最近の記事

アーカイブ