トップ

サムスン、GALAXY Note IIが携帯情報通信機器において国内初のカーボンフットプリント宣言認定取得と発表

エスマックス - livedoor ニュース2012年12月11日 15時55分

サムスン、GALAXY Note IIが携帯情報通信機器において国内初のカーボンフットプリント宣言認定取得と発表

サムスン電子は10日、(社)産業環境管理協会(以下、JEMAI)が運用する「カーボンフットプリント(以下、CFP)コミュニケーションプログラム」において、NTTドコモ向けに開発・提供している今冬モデルのスマートフォン「GALAXY Note II(型番:SC-02E)」がCFP宣言認定を取得したことを発表しています。

GALAXY Note IIのCFP宣言認定取得は、CFPコミュニケーションプログラムにおいて海外事業者の認定製品第1号(2012年12月10日現在、JEMAI調べ)であるとともに、携帯情報通信機器の製品分野において第1号(2012年12月10日現在、JEMAI調べ)の取得となるということです。

02


CFPは、Carbon Footprintof Productsの略称で、商品やサービスの原材料調達から廃棄・リサイクルに至るまでのライフサイクル全体を通して排出される温室効果ガスの排出量をCO2に換算して、商品やサービスに分かりやすく表示する仕組みとのことです。具体的には、LCA(ライフサイクルアセスメント)手法を活用し、環境負荷を定量的に算定し、第三者による検証を経てCFP宣言として公開されているそうです。

また、サムスン電子は、SCOPE3(スコープ3)を含む温室効果ガス排出量の算定と公表を進めており、2013年までに自社の事業環境から発生する温室効果ガスを2008年比で50%削減(売上高で正規化)し、製品からの間接的な排出量を5年で8400万トン削減する環境経営の中期目標を立てているということです。

なお、今回CFP宣言認定を取得した「GALAXY Note II」は、2012年12月13日(木)から東京ビッグサイトで開催される「エコプロダクツ2012」に出展するJEMAIブースにおいて参考展示します。

記事執筆:memn0ck

http://news.livedoor.com/article/detail/7222650/
※表示 - 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

最近の記事

アーカイブ