トップ

ソフトバンク、2013年春モデルのスマホ「AQUOS PHONE Xx 203SH」のディスプレイを「IGZO」に変更へ

エスマックス - livedoor ニュース2012年12月13日 11時55分

ソフトバンク、2013年春モデルのスマホ「AQUOS PHONE Xx 203SH」のディスプレイを「IGZO」に変更へ

ソフトバンクモバイルは11日、今年10月に発表した「2012年冬〜2013年冬モデル」のうち、2013年3月上旬以降に発売予定のAndroidスマートフォン「AQUOS PHONE Xx 203SH」(シャープ製)において、発表時に搭載予定であったディスプレイからシャープの新型ディスプレイ「IGZO(イグゾー)」に変更すると発表しています。

IGZOを採用したモデルでは、すでに、NTTドコモ向けに「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」やau by KDDI向けに「AQUOS PAD SHT21」が発売されていますが、これに続いて、ソフトバンクモバイル向けにも提供されます。

AQUOS PHONE Xx 203SHは、下り最大76MbpsのSoftBank 4Gに対応し音声検索や音声応答、Google Nowに対応したAndroid 4.1(開発コード名:JellyBean)を搭載しています。

CPUには高速1.5GHzクアッドコアCPU、画面は大画面4.9インチHD液晶を搭載している。カメラには1630万画素トリプル手振れ対策に対応しています。

10月の発表時には、AQUOS PHONE Xx 203SHは動作しないモック展示でしたが、早く動作する実機を試してみたいところですね。

記事執筆:memn0ck

http://news.livedoor.com/article/detail/7229157/
※表示 - 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

最近の記事

アーカイブ