トップ

Windows Phone 8搭載スマホ「Lumia 920」で日本語入力できるようにしてみた【レビュー】

エスマックス - livedoor ニュース2012年12月26日 13時55分

Windows Phone 8搭載スマホ「Lumia 920」で日本語入力できるようにしてみた【レビュー】

今年11月にMicrosoftから投入された最新スマートフォン向けプラットフォーム「Windows Phone 8」。マルチコアCPUや高解像度ディスプレイ、非接触IC機能(NFC)、microSDカードなどの外部メモリーなどといったハードウェア的に各種対応を果たし、よりパワフルになっていますが、それ以外にもソフトウェア的にもいろいろと進歩しています。

すべてのWindows Phone 8搭載スマホができるわけではないようですが、今回、SIMフリーな端末を中心に海外のさまざまな電子機器を国内向けに販売しているオンラインショップ「EXPANSYS JAPAN」からお借りしたWindows Phone 8搭載ハイエンドモデル「Lumia 920」(Nokia製)では、日本語表示はもちろんのこと、日本語入力もできるようになります。

そこで、Lumia 920で日本語入力をできるようにする方法を紹介します。

02 03


その前に、まず、日本語表示についてですが、今回お借りしたものは香港(HK)版なので、初回起動時の初期設定において「get started」を選択し、「CHOOSE A LANGUAGE」において下にスクロールしていき、「日本語」をタップしてから「next」を押せば、再起動してその後は日本語環境で初期設定を含め利用できます。ただし、フォントはいわゆる“中華フォント”で、一部の漢字が正しく表示されませんが、実用上はそれほど困らないかと思われます。

初期設定が終わったら、ホームから右にスライドさせ、メニュー一覧から「設定」を表示します。設定の中から「キーボード」を選択します。なお、上記の初期設定で日本語表示していれば、設定の「言語+地域」の各項目が「日本語」もしくは「日本」になっているかと思います。

04 05


キーボードの設定を表示したら、英語や中国語が並んでいます。それが初期状態で利用できる入力言語です。日本語を入力できるようにするために、「詳細設定」をタップし、キーボードの追加から「日本語 10キー」および「日本語 QWERTY」にチェックを入れ、「レ(OK)」ボタンを押します。

当然ながら、日本語入力に10キーによるフリック入力だけの場合は「日本語 10キー」だけ、QWERTYキーによる入力だけの場合は「日本語 QWERTY」にチェックすれば良いです。

06 07


すると、少し時間が経つと「電話の更新」がはじまります。ダウンロードが終わると、「更新プログラムのインストールができます」と表示されるので、「インストール」をタップします。

08 09


待っていると、「更新がすべて完了しました!」と表示されるので、「完了」をタップします。入力候補「日本語」と表示されているのがわかりますね!

これで日本語入力ができるようになっています。試しに、ストアの検索などの文字入力ができる部分をタップするとキーボードが表示されます。ここではまだ英語や中国語も残してあるので、まず、英語キーボードが表示されますので、ここで「ENG」ボタンを押します。

10 11


すると、あかさたな……という日本語の10キーが表示されます。これで、フリック入力による日本語入力が行えます。Windows Phoneでは、カーブフリックというさらにちょっと進化したフリック入力が行えます。さらに「日」ボタンを押すと、日本語QWERTYキーボードが表れます。

12 13


ちなみに、設定のキーボードで各言語のキーボードの部分を長押しすると削除が行えます。普段利用しない入力方式は削除してしまうと、キーボード切り替えで出てこないのでより便利に入力できるようになるかと思います。

15


このように海外モデルでも簡単に日本語表示や日本語入力ができるのは嬉しいですね。現在では、iPhoneやAndroidでも多くの機種でこういったことができますが、Windows Phone 8でもできるということで、便利になりましたよね。Lumia 920などのWindows Phone 8スマホを購入された場合には、試してみてください。

記事執筆:S-MAX編集部

http://news.livedoor.com/article/detail/7267529/
※表示 - 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

最近の記事

アーカイブ