トップ

グリー、フィーチャーフォン向け「GREE」で上限額の設定を超えて利用できる障害が発生していたことを公表、超過額の総額2,800万円を返金

エスマックス - livedoor ニュース2013年01月07日 16時00分

グリー、フィーチャーフォン向け「GREE」で上限額の設定を超えて利用できる障害が発生していたことを公表、超過額の総額2,800万円を返金

グリーは7日、フィーチャーフォン(従来型のケータイ)向け「GREE」において、未成年ユーザーの一部で上限額を超えて利用できる事象が発生していたことを発表した。

障害の詳細は、2012年4月26日から9月7日の期間中、フィーチャーフォン向け「GREE」において、未成年のユーザーがクレジットカードによる支払いを選択した場合、15歳以下月間5,000円(税込)まで、16歳以上19歳以下月間10,000円(税込)まで、という利用金額の上限である制限を超えて決済できる状態になっていた。

影響の範囲は、延べ733名、期間中の上限超過額は総額28,114,470円という。影響の範囲について同社では、「2012年4月26日から9月7日の期間における10歳から19歳までのお客様を対象とした調査によるもので、10歳未満のお客様については精査し、影響の範囲に変更のある場合には、速やかに公表させていただきます」としている。

今回の障害は、2012年9月6日に、グリーが定期的に実施している利用実態調査を行っていたところ、未成年ユーザーの中に、利用金額の上限を超えて利用しているユーザーが見つかり、調査をした結果、障害が発見された。

対象ユーザーには、コーポレートサイトおよび「GREE」内のお知らせ欄で告知するとともに、個別通知を送付し、お問い合わせ、お申し出があった場合には、手続きにしたがって超過料金の返還が行われるという。


障害の詳細

2012年4月26日から9月7日の期間中、フィーチャーフォン向け「GREE」において、未成年のお客様がクレジットカードによるお支払いを選択された場合に、利用金額の上限である15歳以下月間5,000円(税込)まで、16歳以上19歳以下月間10,000円(税込)までという制限を超えて決済できる状態となっていました。影響の範囲は、延べ733名で、期間中の上限超過額は総額28,114,470円でした。


経緯

2012年9月6日に、グリーのカスタマーサポートにおいて、定期的に実施しているお客様対応のための利用実態調査を行っていたところ、フィーチャーフォンをご利用になっている未成年のお客様の中に、クレジットカード決済で利用金額の上限を超えてご利用になっている方が見つかり、調査をした結果、障害が発見されました。


発生の原因

未成年の利用金額制限を導入する際に発生した不具合により、フィーチャーフォンにおけるクレジットカード決済機能への利用上限フィルタが正しく設定されていませんでした。また、その後の検証においても、決済機能部分の動作確認のみであったため、障害が探知できませんでした。


発生後の対応

2012年9月7日には障害を解消し、検証ツールを強化するなどの再発防止措置を実施しています。
なお、2012年4月26日から9月7日の期間中に、フィーチャーフォン向け「GREE」において、クレジットカード決済で、未成年の利用金額の上限である15歳以下月間5,000円(税込)まで、16歳以上19歳以下月間10,000円(税込)までという制限を超えてご利用になった未成年のお客様に対しては、コーポレートサイトおよび「GREE」内のお知らせ欄で告知するとともに、個別通知を送付し、お問い合わせ、お申し出があった場合には、手続きにしたがって料金を返還させていただきます。


記事執筆:2106bpm(つとむびーぴーえむ)

http://news.livedoor.com/article/detail/7292431/
※表示 - 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

最近の記事

アーカイブ