トップ

昨年末に静岡県の実家周辺でドコモの「Xi」とソフトバンクの「SoftBank 4G LTE」の通信テストをして思ったこと【コラム】

エスマックス - livedoor ニュース2013年01月09日 13時25分

昨年末に静岡県の実家周辺でドコモの「Xi」とソフトバンクの「SoftBank 4G LTE」の通信テストをして思ったこと【コラム】

昨今、携帯通信事業者の「LTE(Long Term Evolution)」を巡る様々な競争が盛んですね。私のコラムでも、ドコモのLTEへの取り組みについて書きましたが、何より大切なのは、どれだけ快適に、どれだけ広い範囲で通信できるか、という点だと思います。

各社のLTEエリアがある程度広がりを見せる中、昨年末、静岡県駿東郡長泉町(ながいずみちょう)にある実家へ帰省しました。長泉町は、静岡県の町としては一番人口が多く、東海道新幹線の三島駅が近くにあるせいか、過去には「FOMA」、ここ数年だと「UQ WiMAX」、「Xi(クロッシィ)」といった新しい通信規格が静岡県の町部でいち早くエリア化されるなど、ここで育った自分としては鼻高々なのですw

現在は、XiだけでなくKDDI(au)の「4G LTE」やソフトバンクモバイルの「SoftBank 4G LTE」も既にエリアになっています。

そこで、帰省ついでに長泉町と、隣接する三島市駿東郡清水町でXiとSoftBank 4G LTEの通信テストをやってきました。使った端末は、「ARROWS V F-04E」と、「iPhone 5」です。計測はRBB TODAY Speed Test(Android版 / iOS版)を使い、各町役場・市役所前で5回ずつ行いました。

都内やその近郊では通信速度や応答速度面で苦しいXi。そして、“Xiより混雑が少なく快適”と言われているSoftBank 4G LTE。それは今回計測した場所でも同様なのでしょうか?

■清水町役場前

地味ですけど、商業施設の多い町です。

まずは、清水町役場で計測してみました。ご覧の通り、ドコモもSBMもご覧の通り、LTEエリアです。とりあえず、計測結果を。

[ドコモXi]
1回目2回目3回目4回目5回目平均
PING(ミリ秒)140120159140126137
下り(Mbps)14.3410.9210.077.6813.7411.35
上り(Mbps)4.813.74.245.574.164.496

[SoftBank 4G LTE]
1回目2回目3回目4回目5回目平均
PING(ミリ秒)3437171313261
下り(Mbps)9.317.249.438.089.398.69
上り(Mbps)2.532.5122.313.12.49

普段の生活圏内である東京都内では、エリア内であればXiよりもスピードが出ることも多いSoftBank 4G LTEですが、清水町役場前では、Xiのほうがスピードは出るようです。一方、PING値は、SoftBank 4G LTEのほうが良好なのですが、3回目の値が極端に遅くなりました。SBM回線はこれに限らず、応答速度が安定しないことが多いんですよね…。この辺は都内と同じ状況なのかな、という実感です。

■三島市役所前

私の生家に近い三島市役所。どちらもLTEエリアなのですが…

次は、自分が生まれた家のすぐ近くにある三島市役所。やはりXi、SoftBank 4G LTE共にエリアです。とりあえずXiを計測してみます。

[ドコモXi]
1回目2回目3回目4回目5回目平均
PING(ミリ秒)181178174166167173.2
下り(Mbps)5.337.474.584.314.955.328
上り(Mbps)0.851.030.640.380.790.738

2012年冒頭からは想定できないほど応答速度・通信速度共に落ち込んでいる、昨今のXiらしい結果が出ています。下りの通信速度は遅いとは言え充分かな、とも思えますが、上りの通信速度が遅すぎるのが問題です。下手なFOMA(3G)より遅いです

さあ、SoftBank 4G LTEを、と思ったのですが…


突如3GにダウンするiPhone 5…

3回目の計測途中で、3Gに落ちる、という現象が発生してしまいました。上の写真にも掲載した通り、そこまでLTEの電波が入らない、という訳ではありませんし、移動している訳でもありません。無線機としてのiPhoneのせいなのか、それとも…。ともかく、計測結果は載せておきます。

[SoftBank 4G LTE(※マーク付きは3G環境)]
1回目2回目3回目※4回目※5回目※平均
PING(ミリ秒)4640661251449370.4
下り(Mbps)5.655.84.192.033.524.238
上り(Mbps)2.792.621.951.590.591.908

3GになったときのPING値の悪化ぶりが超が付くほどガチです。モバイル通信だと、通信速度よりもPING値が良好である方がありがたい、と考えると由々しき事態です。TwitterやFacebookなどでレスポンスが遅くてイライラ、という事態も想定できます。

ただし、スピード的にはそこまで問題があるか、というとそうでもありません。なにしろ、900MHz帯(プラチナバンド)という待避先が用意されている、ということが効果覿面なのかもしれません。

■長泉町役場前


Xiはバリバリ。しかし、SoftBank 4G LTEは…

最後は、我が青春の地、長泉町役場で計測してみました。Xiはバリバリに入るのですが、SoftBank 4G LTEはすごく厳しい状況…。とりあえず、Xiを測ってみます。

[ドコモXi]
1回目2回目3回目4回目5回目平均
PING(ミリ秒)141226180179155176.2
下り(Mbps)24.3320.6522.4616.9518.7520.628
上り(Mbps)3.273.172.823.33.523.216

スピードはしっかり出ます。最近、こんなに高速だったことあったっけ、的な速さです。別にヨドバシAkibaの1階プリンターコーナー付近(75Mbps対応の屋内基地局があります)に行かなくてもこれだけの速さです。ただし、PINGはダメ気味です


回線が切断されちゃいました…orz

一方、SoftBank 4G LTEに関しては、1回目の計測を始めたところ、回線が切断されてしまいましたorz。その後、3Gで再接続してくれたので、気を取り直してひとまず3Gで計測してみました。

[SoftBank 4G LTE(※マーク付きは3G環境)]
1回目※2回目※3回目※4回目※5回目※平均
PING(ミリ秒)6044850249502312.2
下り(Mbps)10.276.018.79.569.798.866
上り(Mbps)1.870.933.013.221.812.168

ということで、全部3Gになってしまいましたが、こんな結果です。速度は3Gとしては健闘しまくりなのですが、PING値が全く安定しません。これは、同じサイト・サービスを使っていても、リアルタイムで通信面での使い勝手が変わりまくって、寧ろストレスがたまってしまうことにつながりかねない状況です。PINGが安定してそこそこ遅いがそれ以上悪化することがない状況と、早い時は早いけど、遅い時はとことん遅い状況では、どっちが良いんだよ、的な問題でもありますね。

■結論(?)

ソフトバンクはネットワークからの位置取得が苦手…?

今回、計測して思ったのは、やっぱり、色んな場所で応答速度や通信速度は計測してみるべきだ、ということ。ドコモのXiの場合、首都圏ではユーザーが他地域より爆発的に増えすぎてしまったせいで、他社のLTEの方が概ね快適な状況にありますが、首都圏から離れると、必ずしもそういう構図になるとは限らない、ということが良く分かりました。

しかし、パソコン・携帯電話やネットワーク関連が専門のライターさんやブロガーさんは、概ね首都圏在住で、その辺の情報が中心になってしまうんです…。そのジレンマというか何と言うかをどうにかできないものか、と。自分も東京住まいで、実家方面に帰っていく予定は今のところゼロですし…

それにしても、SBMはネットワークベースでの位置情報測位が本当に苦手ですね…。ドコモやauだとネットワークベースの位置情報取得に失敗することは滅多にないんですけど、SBMでは4G LTE(iPhone)だけでなく、SoftBank 4G(AXGP : Android)でもこうなっちゃうんですよ…。GPSで測位すれば、って話なのかもしれませんが、何だかすっきりしないところですorz

ともあれ、電波は水物で、場所や状況によって何が快適なのかは変わってきますので、単純にネットの記事を鵜呑みにするのではなく、特に場所や時間はしっかりチェックしてみるようにしましょう!

※このコラムは、筆者のブログ「せうの日記」に掲載した「大晦日に我が郷里でXiとSoftbank 4G LTEを比較してみたの。」を再構成したものです。

記事執筆:せう(Sho INOUE)

http://news.livedoor.com/article/detail/7298904/
※表示 - 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

最近の記事

アーカイブ