トップ

KDDI、Android 4.0を搭載したスティックタイプのSTB「Smart TV Stick」を2月中旬以降に提供開始予定

エスマックス - livedoor ニュース2013年01月16日 13時55分

KDDI、Android 4.0を搭載したスティックタイプのSTB「Smart TV Stick」を2月中旬以降に提供開始予定

KDDIおよび沖縄セルラーは15日、スティックタイプの小型セットトップボックス「Smart TV Stick」を2月中旬以降に提供開始すると発表しています。

Android 4.0(開発コード名:IceCream Sandwich)を搭載したセットトップボックスで、テレビと接続することで、テレビの大画面とシンプルな専用UIで、インターネットやゲームなどが楽しめます。

また、各種Androidアプリや、「ビデオパス」「うたパス」といったKDDIが提供するスマートフォン向けサービスも利用することができます。


テレビとはHDMIで接続します。通信はWi-Fiで行うので、使用場所にWi-Fi環境があることが条件となります。操作は付属の専用リモコンや、スマートフォン(リモコンアプリのインストールが必要)で行います。

本体はわずか10cmのコンパクトサイズなので、容易に持ち運ぶことができます。HDMI端子のあるテレビとWi-Fi環境があればいつでも使用することができます。

価格や詳細な仕様等は改めて案内するとしています。

■提供予定のアプリケーションについて
映像系: ビデオパス、YouTube、niconico など
音楽・ラジオ系: うたパス、LISMO WAVE、radiko.jp など
情報系: auヘッドライン、ウェザーニュース など
生活系: auショッピングモール、ニッセンスマートカタログ など
安心系: ウイルスバスター for au
健康系: Karada Manager for TV、au Smart Sports Fitnessなど
学習系: キッズひろば など

記事執筆:ゼロから始めるスマートフォン

http://news.livedoor.com/article/detail/7319243/
※表示 - 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

最近の記事

アーカイブ