トップ

東京メトロ、無線LANを利用した情報提供サービス「MANTA」を2月14日から試験導入開始へ

エスマックス - livedoor ニュース2013年02月13日 13時55分

東京メトロ、無線LANを利用した情報提供サービス「MANTA」を2月14日から試験導入開始へ

東京メトロとNTTBP(NTTブロードバンドプラットフォーム)は12日、地下鉄・東京メトロ駅構内において無線LAN(Wi-Fi)を利用した情報配信サービス「MANTA」を2013年2月14日〜7月31日まで試験的に提供することを発表しています。

MANTAは「Metro Amusement Network Trinity App」の略称で、地下鉄駅構内におけるWi-Fiを利用して現在地を把握し、さまざまな情報を提供するサービスとなります。また、無料の公衆無線LANサービスとしても利用できるとのこと。

01


NTTBPのWi-Fi向け情報配信技術を活用し、東京メトロが鉄道情報やコンテンツの整備を行うことになったとのことで、試験導入期間では、情報提供による利用者の移動の動向変化が検証されるという。コンテンツの利用状況などを踏まえて今後の展開が検討される予定となっています。

利用は、スマートフォンに専用アプリを導入することで、対象エリアにおいて、駅の路線別時刻表や乗車位置案内、駅構内図を表示できます。また、東京メトロ沿線の駅周辺情報や動画ニュース、トレンド情報なども提供されるという。

なお、利用には、NTTBPの規約に対して同意が必要で、1回の接続あたり15分以内、1日5回までの利用になるとのこと。

スマートフォン向け専用アプリの対応OSは、Android 2.3以上(Android 3.x除く)で、今後、iPhone向けが近日提供予定となっています。

さらに、2月14日時点のサービス提供エリアは以下の通り。

・銀座線全線(19駅)
・北千住駅(千代田線のみ)
・秋葉原駅
・銀座一丁目駅
・大手町駅
・有楽町駅
・日比谷駅
・六本木駅
・新宿三丁目駅
・新宿駅
・高田馬場駅
・池袋駅
・小竹向原駅


記事執筆:memn0ck

http://news.livedoor.com/article/detail/7406142/
※表示 - 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

最近の記事

アーカイブ