トップ

MWC 2013:Fujitsuブース、海外版らくらくスマートフォン「STYLISTIC S01」などを展示

エスマックス - livedoor ニュース2013年03月06日 11時55分

MWC 2013:Fujitsuブース、海外版らくらくスマートフォン「STYLISTIC S01」などを展示

スペイン・バルセロナにおいて2013年2月25日(月)〜28日(木)にかけて開催されていた世界最大級の携帯電話・通信関連イベント「Mobile World Congress 2013(MWC 2013)」におけるFujitsu(富士通)のブースでは、同社初の海外市場向けのスマートフォン「STYLISTIC S01」などを中心に展示が行われていた。

STYLISTIC S01は、国内でNTTドコモ向けに販売された「らくらくスマートフォン F-12D」をベースにしたモデルで、シニア層向けのユーザーインターフェース(UI)を採用したAndroid搭載スマートフォン。

今回は、そんなMWC 2013における富士通ブースの様子をSTYLISTIC S01を中心に写真で紹介してく。


02


今回展示されたSTYLISTIC S01は、フランスの通信事業者「France Telecom-Orange」(以下、Orange)向けに採用されたモデルで、NTTドコモと富士通がともにらくらくスマートフォンベースのスマートフォンを導入することを提案し、2013年6月からOrangeにて提供されることが発表されている。

STYLISTIC S01は、日本国内で販売されているらくらくスマートフォン F-12Dをベースにシニア層向けに独自開発されたメニュー画面や操作方法を継承しながら、フランスのユーザにも受け入れられやすいようにカスタマイズされているという。

また、Orangeから提供される端末としては、初のユニバーサルデザインを採用したモデルでもあるとのことだ。

03


スペックとしては4インチWVGA(480✕800ドット)液晶や1.4GHz駆動のシングルコアCPUを内蔵したQualcoom製「MSM8255」、1GB内蔵メモリー(RAM)、4GB内蔵ストレージ(ROM)、microSDカードスロット、8.1メガピクセルアウトカメラ、0.3メガピクセルインカメラ、1800mAhバッテリー、防水(IPX5およびIPX8準拠)、防塵(IP5X準拠)など。

また、プラットフォームに、Android 4.0(開発コード名:IceCream Sandwich)を採用し、通信として、GSM/GPRS/EDGEおよびW-CDMA(UMTS)/HSPA、無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth、GPSに対応している。サイズは、大きさが約130✕64✕10.9mm。

さらに、らくらくスマートフォン F-12Dでは非対応だったAndroidの公式マーケット「Google Play」やメールサービス「Gmail」、地図サービス「Googleマップ」などが利用できるGoogleアカウントに対応している点は大きく異なっていると言えるだろう。

なお、フランスでOrangeが発売する以外には、現時点で取り扱う予定の地域・通信事業者はないということですが、今回のMWC 2013にてアピールすることで、販売地域を拡大できればという段階とのことだ。

04


この他にも、日本国内で販売されているARROWSシリーズや、ARROWSシリーズに搭載されているヒューマンセントリックエンジン、ゆっくりボイスなどの通話サポート機能など、さまざまなスマートフォンや各種ソリューションが展示されていた。

富士通には、海外にも積極的に展開していって欲しいところだ。是非、がんばって欲しい。

05


記事執筆:S-MAX編集部

http://news.livedoor.com/article/detail/7472570/
※表示 - 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

最近の記事

アーカイブ