トップ

NTTドコモ、クラウドにも対応予定の「ドコモメール」の提供時期を再延期!提供時期は未定に

エスマックス - livedoor ニュース2013年03月15日 15時55分

NTTドコモ、クラウドにも対応予定の「ドコモメール」の提供時期を再延期!提供時期は未定に

NTTドコモは15日、現在提供しているスマートフォンやタブレット向けメールサービス「spモードメール」のリニューアルを行い、クラウドサービスなどにも対応する予定の「ドコモメール」の提供時期を延期することをお知らせしています。

ドコモメールは、2012年冬モデル発表会においてその内容が発表され、当初は、提供時期を2013年1月としていましたが、その後、メールという大事なデータを扱うサービスであるため慎重を期して3月に提供を延期していました。

今回、この3月提供予定についてもさらに延期することが案内されており、提供開始時期が決まり次第、改めてお知らせするということで、一旦、提供時期が未定ということになっています。


2013年3月に提供を予定していたドコモメールについて、サービス品質のさらなる強化を行うため、提供開始時期を変更させていただきます。

提供開始時期が決まりましたら、改めてお知らせをさせていただきます。お客様には今しばらくお待ちいただくこととなり、ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。


ドコモメールは、現在のiモードメールやspモードメールと同じ@docomo.ne.jpドメインのメールが利用できるサービスで、主にスマートフォンやタブレット向けに提供されているspモードメールをリニューアルし、クラウド化などを行う予定のサービスです。

クラウド化することでサーバにメールが蓄積され、マルチデバイスでメールの送受信・閲覧が可能となります。

また、機種変更時のデータ移行や端末紛失時のデータ復旧も簡単に行うことが可能。

他にも、使いやすさの向上として、メール一覧の本文プレビューで見たいメールにすぐに辿り着けたり、メール詳細で写真のサムネイルが表示されるので、見たい写真が選びやすくなったりするほか、送信元に応じた着信音設定、振り分け・検索機能などの基本機能が使いやすくなる予定となっています。

記事執筆:memn0ck

http://news.livedoor.com/article/detail/7503115/
※表示 - 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

最近の記事

アーカイブ